TOP>記事>「売って終わり」の不動産会社よりも、最後まで面倒を見てくれる会社を選びたい<前編>

「売って終わり」の不動産会社よりも、最後まで面倒を見てくれる会社を選びたい<前編>

不動産投資と言っても何から始めたらいいのかわからない初心者は、つねにそばに寄り添い、親身に相談に乗ってくれる不動産会社を選ぶのがお勧めです。では、そんな会社はどうやって探せばいいのでしょうか。投資物件の企画開発から販売、仲介、賃貸管理までのトータルサポートを提供するファミリーコーポレーションが、前後編に分けて解説します。

初心者にとって「いい不動産会社」の条件

初心者が選ぶべき不動産会社とは、どのような会社なのでしょうか。

「『餅は餅屋』と言われるように、ひと口に不動産会社と言っても、その得意とする分野は会社によってさまざまです。

マイホームの購入を希望される方のため、実需物件を扱う会社もあれば、不動産投資を考える人のために、収益物件の売買や管理に特化している会社もあります。

アパート経営をするのであれば、当然ながら後者を選ぶのが望ましいでしょう。どのような物件を取得し、いかにリフォームや入居者付けに工夫を凝らせば、高い家賃や満室経営を実現できるのかといったノウハウを豊富に持っているからです」

しかし、ファミリーコーポレーション株式会社の担当者によると、収益物件を取り扱う不動産会社のなかでも、得意分野は企業ごとに異なるのだといいます。

「不動産会社には『地方よりも都会の物件に強い会社』『新築よりも中古物件に強い会社』といったように、それぞれ得意とする分野があります。まずは、自分がどのような物件に投資したいのかを考えたうえで、それに合った不動産会社を選びたいところです。

とはいえ、不動産投資ビギナーの方は、地方と都会の物件では、収益やリスクにどんな違いあるのか? 新築よりも中古のほうが安く取得できるけど、目標にかなった収益が得られるのか? といったことが、そもそもよくわからないものです。

新築を専門とする会社だとしても、投資目的や目標を聞いたうえで、『それなら中古物件が得意な会社にご相談したほうがいいかもしれませんね』とアドバイスしてくれるようなら、本当にお客さまのことを考えてくれている、いい不動産会社といえるかもしれません」

初心者が選ぶべき不動産会社の特徴

また、収益物件を扱う不動産会社のなかには、売買を専門とする会社や、賃貸管理だけを行っている会社もあるのだといいます。

「まったく不動産投資経験がないビギナーの方であれば、売買から管理までを一括して請け負ってくれる会社を選んだほうがいいと思います。

一概には言えませんが、売買だけを専門とする会社のなかには、『売ってしまったら終わり』というところも少なくありません。その場合、買ったはいいけれど、その後の管理はどうするのかに頭を悩ませることになります。

アパート経営の経験者なら、ご自身で家賃の集金や入居者への対応、建物の修繕手配などを行うことができるかもしれませんが、ビギナーの方には手に負えません。その点、売買と管理を一括で請け負ってくれる会社なら、最後まですべて面倒を見てくれます。

ちなみに、わたしたちファミリーコーポレーションは、中古不動産の買い取り・再生・販売から、賃貸管理サービスまで一括で提供しており、まったく経験のない方でも安心して不動産投資を始めることができます」

中古アパート経営者が選ぶべき不動産会社の特徴

中古アパートの経営を考えている方は、どんな不動産会社を選ぶべきなのでしょうか。

「弊社のように中古不動産を専門とする会社は、中古ならではの物件の見立て方や、どのように工夫をすれば、条件の不利な物件でも家賃を下げずに入居者付けができるか? といったことを知っています。

新築しか扱ったことのない不動産会社のなかには、入居者が付かないのなら、家賃を下げるしかない、といった発想に陥りがちな会社もありますが、どんなに条件の不利な中古物件でも、アイデア次第では家賃を据え置いたままで入居率を高めることは可能です。

たとえば、駅から離れた場所にある駐車場付きの物件なら、駐車場の一部を駐輪場にすることで、ファミリーだけでなく、単身の入居者を確保できるようになるかもしれません。
単純に募集条件を緩和するのではなく、少しの工夫で入居率向上に繋げることができます。」

入居者付けのための「設備充実」…どの程度必要?

新型コロナウイルスの流行により、自宅にいる時間が増えたことから、入居者付けのためには設備を充実させるべきだという意見もありますが、これについてファミリーコーポレーションは、以下のように語っています。

「家賃2万~3万円のアパートに最新のエアコンを設置するといったように、言われるがままに高額な設備を導入すると、利回りが大きく下がってしまう可能性もあります。当社の場合、若者向けのアパートで必須になりつつあるWi-Fi等の設置は提案しても、利回りを著しく下げるような設備の導入を勧めることはありません。

お客さまの身になって、不動産投資の収益を最大化する提案をしてくれるかどうかという点は、不動産会社選びにおける最重要ポイントだと言えます。

当社はつねに、『いかにお客さまの資産形成のお役に立てるか?』という点を意識し、中古物件に関する高い専門性を発揮しながらアパート経営を支援しています」

オーナーの利益を最優先に考え、豊富な経験やノウハウをもとに、実りある中古アパート経営を実現させてくれる会社を選びたいものです。

#基礎知識の記事はこちら

アパート経営オンライン編集部

アパート経営オンライン編集部

アパート経営オンラインは、堅実・健全な不動産賃貸経営業をナビゲートする情報メディアを目指し、既に不動産を経営されている方、初めて行う方に向けてお届けするサイトです。

様々なことに向き合い、改善するきっかけとなりますようアパート経営オンラインでは、成功事例や失敗事例を交え、正しい不動産の経営方法をお伝えいたします。


関連記事

  • 当てはまったら要注意…アパート投資で失敗する〈ダメな事業計画書〉【チェックリスト】

  • 「国内不動産投資」と「海外不動産投資」それぞれの特徴とは?

  • 「持病」がある場合、アパート投資を始めることは難しいのか

  • アパート経営の命運を左右する…「管理会社選び」が重要なワケ

サイトについて

アパート経営オンラインは、堅実・健全な不動産賃貸経営業をナビゲートする情報メディアを目指し、既に不動産を経営されている方、初めて行う方に向けてお届けするサイトです。
様々なことに向き合い、改善するきっかけとなりますようアパート経営オンラインでは、成功事例や失敗事例を交え、正しい不動産の経営方法をお伝えいたします。

メルマガ会員募集中

こんなお得な情報が届く!

  • 記事公開などのサイトの更新情報
  • アパートローンセミナーのお知らせ
  • その他お役立ち情報など

メルマガ登録